Skip to content

【台風19号による被害を受けられた皆様へ】
台風19号による被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
被害に遭われた方々へは、謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

横浜南部市場東北再生支援ショップ 「愛と勇気とさんま」(横浜市中区元浜町)開店

by staff on 2013/8/10, 土曜日

 

 「東北の夏祭り」が始まりました。東北地方が人であふれる季節です。大震災から3度目の夏です。最近はメディアで取り上げられることが少なくなってきましたが、現在でも29万人を超える方々が仮設住宅などで生活しているのです。

 被災地の復興はまだこれからです。息の長い被災地支援活動が求められています。横浜南部市場の方々は、大震災発生直後から宮城県女川町の支援を続けてきました。横浜南部市場共栄会の皆様は、女川町の「美味しいさんま」を40回以上もお祭りやイベントで「焼きさんま」にして振る舞ってきました。

 皆様の熱い想いが結集して、2013年6月5日に横浜南部市場東北再生支援ショップ「愛と勇気とさんま」(横浜市中区元浜町)が開店されました。

 このショップは弊社事務所のビルのすぐそばなので、私も何度か訪れています。店内には、女川町や石巻の海産物や加工品に加えて、南部せんべいや白石の温麺など私の大好物の東北の産品が販売されています。横浜では手に入らない珍しい品もあります。先日購入した「キクラゲのスィーツ」は弊社スタッフに大好評でした。

 店長の須藤さんは、「販売を通して生産者との絆を大切にしていきたい。また被災された方々との情報交流の場を提供していきたい。」と仰っています。店内にはテーブルも用意されていて、女川町出身者のコミュニティサロンにもなっているそうです。

 このショップの場所を提供しているのが、一般財団法人神奈川県建築安全協会です。会長の長田さんは、「ギャラリーとして使っていたスペースです。復興支援のために使っていただけるのであれば・・・私たちができることをやっているだけですよ。」とお話になっていますが、「想い」があるからこそできることだと思います。

 「愛と勇気とさんま」というショップの名前も粋ですね。横浜と東北が「愛と勇気」でつながっていってほしい、そして「焼きさんま」を横浜の名物にしよう・・という気持ちが込められています。

 ショップは馬車道のすぐ近くにありますが、人通りが少ない場所です。お近くにお出かけの際は、是非立ち寄ってください。もしかしたら、店頭で焼いている「さんま」を食べられるかもしれませんよ。

 愛と勇気と「さんま」実行委員会
http://aitoyuukitosanma.wix.com/yokohama

 ヨコハマ経済新聞より
馬車道に東北支援のアンテナショップ「愛と勇気とさんま」がオープン
http://www.hamakei.com/headline/8008/

このショップ開店の立役者、須藤店長と長田会長の2ショットです
このショップ開店の立役者
須藤店長と長田会長の2ショットです
  お菓子
お菓子
干物
干物
  水産加工品
水産加工品

 

Share

Comments are closed.

ヨコハマNOW 動画

新横浜公園ランニングパークの紹介動画

 

ランニングが大好きで、月に150kmほど走っているというヨコハマNOW編集長の辰巳隆昭が、お気に入りの新横浜公園のランニングコースを紹介します。
(動画をみる)

横浜中華街 市場通りの夕景

 

横浜中華街は碁盤の目のように大小の路地がある。その中でも代表的な市場通りをビデオスナップ。中華街の雰囲気を味わって下さい。
(動画をみる)

Page Top