Skip to content

【台風19号による被害を受けられた皆様へ】
台風19号による被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
被害に遭われた方々へは、謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

大震災後の釜石・大槌町レポート

by staff on 2013/9/10, 火曜日

 

 今年は本当に酷暑ですね。太陽の光が痛いと感じるなんて・・・初めての感覚です。毎年旧盆の頃に、仙台にある父母の墓参りをしていますが今年は、岩手県まで足を延ばしました。岩手県大槌町で「縄文ニンニク」の農園を作られている野村さんに3.11の大震災後に職を辞して故郷「釜石」に戻られた20年来の友人の鈴木匠さんを紹介するためです。今回の「ともの現場」は私が訪れた大震災後の釜石・大槌町のレポートです。

 鈴木さんとはご自宅の最寄駅、山田線の鵜住居駅前で待ち合わせました。駅前と言っても、今は線路も駅舎もありません。みな大震災の津波で破壊されてしまいました。

 駅前にあった鵜住居災害センターは、まだあのときのままになっていました。3階の天井には津波が押し寄せた跡がくっきりと残っています。天井からわずか20cm程度しか離れていません。災害センターに避難で押し寄せた方々のうちこの20cmに顔を出せた数人の方しか生き延びることができなかったそうです。

 がらんとした災害センターの中にある祭壇には、お盆に来られた方々のお花が沢山ありました。その中に臨月の娘さんを亡くされた親御さんの自筆の手紙が貼られていました。娘と孫を亡くされた無念さを綴った手紙を見て涙が止まりませんでした。この建物を残すかどうか議論の末、年内には取り壊されることになったそうです。

 

鵜住居防災センター鵜住居防災センター
(クリックで写真拡大)

 横浜にいると復興は進んでいるように思いますが、実際はまだまだこれからです。道路にはトラックをはじめ多くの工事車両が行きかい、ほとんどの海岸線で工事をしていました。

 釜石に隣接する大槌町には多くの入り江があり、それが天然の良港となっていました。「ひょっこりひょうたん島」がある町としても有名です。

 大震災の津波は、役場庁舎を襲い、町長をはじめ多くの町職員が亡くなりました。行政機構自体が崩壊した大槌町には全国各地から大勢の助っ人が来ています。横浜市からは日吉さんという方が派遣されていました。

 

大槌町役場大槌町役場
(クリックで写真拡大)

 鹿児島県奄美群島の喜界島出身の野村さんは、「縄文ニンニク」農園を作ることで大震災の復興支援を行おうと、今年の5月に単身で大槌町に移住されました。地域の方々の協力を得ながら、20年以上放置されていた豚舎をリフォームされています。

 横浜で野村さんにお会いしたときに、真っ先に顔が浮かんだのが「鈴木匠」さんでした。匠さんは、釜石に戻られてから復興支援のために二つのNPO法人を立ち上げられて、水産品と農産品の商品化事業に取り組んでいます。

 匠さんを野村さんの農園にお連れしたところ、一瞬にして二人の間に親近反応が起きたようです。その晩、匠さんのご自宅では野村さん、横浜市職員の日吉さんと私たち夫婦がメンバーの飲み会が夜遅くまで繰り広げられました。三陸のお魚はとにかく美味しい・・・カツオもイカも・・マンボウを焼いたものを初めていただきましたが珍味でした。

 

縄文ニンニク農園縄文ニンニク農園
(クリックで写真拡大)

地盤沈下した漁港地盤沈下した漁港
(クリックで写真拡大)

 翌日、匠さんに大槌町の海岸を案内してもらいました。「ひょっこりひょうたん島」は地震により地形が変わったそうです。以前はきれいな砂浜だったところが大震災による地盤沈下で砂浜が消えていたり、漁港に海水が入ってくる光景を目の当たりにして自然の猛威の前に私たち人間は為すすべもないことを実感しました。

 大槌町は旧市街地がほとんど壊滅状態でした。何もなくなった土地には雑草が生い茂っていました。これから3mの盛り土をするということで倒れたお墓もそのままになっていました。盛り土をしたとしても、どのくらいの方々が戻ってくるのか、家を建てられるのか岩手の被災地の現状は本当に厳しいです。

 でも匠さんや野村さんのように、被災地に元気を取り戻すための活動をしている方々がいます。私はこれまで通り、できることから無理せずに復興支援のお手伝いをしていきたいと考えています。

 

ひょっこりひょうたん島ひょっこりひょうたん島
(クリックで写真拡大)

大槌町市街地大槌町市街地
(クリックで写真拡大)

 

Share

Comments are closed.

ヨコハマNOW 動画

新横浜公園ランニングパークの紹介動画

 

ランニングが大好きで、月に150kmほど走っているというヨコハマNOW編集長の辰巳隆昭が、お気に入りの新横浜公園のランニングコースを紹介します。
(動画をみる)

横浜中華街 市場通りの夕景

 

横浜中華街は碁盤の目のように大小の路地がある。その中でも代表的な市場通りをビデオスナップ。中華街の雰囲気を味わって下さい。
(動画をみる)

Page Top