Skip to content

【台風19号による被害を受けられた皆様へ】
台風19号による被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
被害に遭われた方々へは、謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

「第二回ヨコハマ・ドリームを語ろう会」を開催しました

by staff on 2015/12/10, 木曜日

 

11月28日(土)17時に開港記念会館にボランティアスタッフが集まりました。
思いがけず手伝ってくださった方々もいて、始まる前から感激でした。

準備まで30分足らず・・・。スタッフ一同各自の持ち場で一生懸命です。
お客様が見えました。お知り合いの方々がご友人を誘って来てくださいました。

開始10分前・・。入場された方を巡ってハプニングがありました。
時間通りに始まったものの、総合司会の私は、珍しく声が上ずっていたそうです。
あがることを知らない私ですが、さすがに動揺していたのかもしれません。

第一部、最初の基調講演の斉藤秋造さんはさすがでした。
バタバタしている私たちをモノともせず、ご自分のペースで話されました。「横浜ドリームの体現者たち」というテーマで、生糸やお茶で富を築いた原善三郎や大谷嘉兵衛に共通する3つのポイントについて述べられて時間通りに講演を終えられました。

その3つのポイントとは・・・
・本業にまい進したこと
・時流を見る目と判断力があったこと
・業界や地域に貢献したこと(自ら設けることだけでなく)

この3つのポイントは現在の「ヨコハマ・ドリーム」にも通じるものですね。

次の基調講演は、田中康夫さん。
「私とは大学同期で、痩せて美しかった頃の私を知っている数少ない方です。」と紹介すると、会場は和んだ感じになりました。

田中さんは、様々な統計値を説明しながら、横浜のこれから進むべき姿について示唆してくださいました。横浜市は370億円を投じて待機児童をゼロにしたが、長野県知事時代に作ったお年寄りと幼児が一緒に過ごす空き家を活用した「宅幼老所」は、低予算で350か所できたことなどを話された。これからの日本は超少子高齢化社会を迎えるが、それは新しい時代の始まりなのだという持論を展開され、「よそ者・わか者・ばか者」が横浜を引っ張っていってほしいと締めくくられました。

田中さんは「微力だけど無力じゃない」というコンセプトで、5月にY&T研究所を立ち上げられて、講演活動をされています。そのコンセプトは、私たちが5年間やってきた「ヨコハマNOW」がまさに実践してきたことです。

第二部では、辰巳編集長によって「ヨコハマNOW」の5年間の歩みが語られました。
そして、ディレクターの高野さんが「ヨコハマNOW」の執筆者の方々を紹介してくれました。この日は、10名の方が来場されました。執筆者を代表して、関淑子さん久留原昌一郎さん横須賀健治さんがスピーチされました。

第三部のコーディネータをお願いした、堀潤さんが到着されたのが19時頃。
名古屋での本番を終えて駆けつけてくださいました。パネリストとの簡単な打ち合わせを終えて、いざ本番。

堀さんは、見事に一家言あるパネリストたちを仕切ってくださいました。
「あなたにとってヨコハマ・ドリームとは?」という問いにパネリストたちは明快に応えます。
坪倉良和さんは「自分のやること、やった結果のすべてを自分で責任をとるようにしていけば想いは伝わるよ・・」
宮島真希子さんは、「思い切って一歩前に出ていくこと・・。」
石井直樹さんは「小さな良し! がつながって大きな良し! になっていけば、夢は実現する」と話されました。

途中で堀さんが会場の皆様に「皆さんの中で夢を持っている方、挙手してください」と語りかけると大勢の方々が挙手してくださいました。それを受けて堀さんは「凄いですね。これがヨコハマ・ドリームですよ。」と・・会場全体が熱くなりました。

皆様の熱気は、懇親会場まで続きました。
「どういう方とお知り合いになりたいですか。」と自称「濱のおせっかいおばさん」の私は、皆様のお引合せに会場内を駆け巡りました。

皆様の笑顔を拝見して、「やって良かったね・・」という想いと、「ヨコハマ・ドリーム」を語り続けなければという想いが湧いてきました。

今回のお話は特に若い方に聞いていただきたかった・・。
横浜市内の大学に今回のチラシを貼って頂いたのに、会場に若い方は見かけませんでした。(知り合いはいましたが・・)

これから若い方々に「ヨコハマ・ドリーム」を語ってもらいたい・・
そんな課題をいただいた「第二回ヨコハマ・ドリームを語ろう会」でした。

最後に・・今回お世話になりましたすべての方々へ本当にありがとうございました。
感謝の気持ちでいっぱいです。
「ヨコハマNOW」は、次の5年に向けて頑張っていきます。
これからも応援をよろしくお願いいたします。

 

Share

Comments are closed.

ヨコハマNOW 動画

新横浜公園ランニングパークの紹介動画

 

ランニングが大好きで、月に150kmほど走っているというヨコハマNOW編集長の辰巳隆昭が、お気に入りの新横浜公園のランニングコースを紹介します。
(動画をみる)

横浜中華街 市場通りの夕景

 

横浜中華街は碁盤の目のように大小の路地がある。その中でも代表的な市場通りをビデオスナップ。中華街の雰囲気を味わって下さい。
(動画をみる)

Page Top