Skip to content

【台風19号による被害を受けられた皆様へ】
台風19号による被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
被害に遭われた方々へは、謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

永岡鉄平の「若者にフェアなスタートを」(第7回) フットサル大会「ダイバーシティカップ」参戦報告

by staff on 2016/8/10, 水曜日

ハマっ子社会起業家「永岡鉄平」の『若者にフェアなスタートを』


 
 

 

株式会社フェアスタート、NPO法人フェアスタートサポート
代表 永岡 鉄平

横浜生まれ、横浜育ち。株式会社フェアスタート、NPO法人フェアスタートサポートの2法人の代表を務め、日々、児童養護施設の若者達を中心に18歳で親を頼れずに自立する若者達への就労支援活動に取り組む永岡鉄平が、日々の活動で感じたことを話します。
想いは「かわいそう」ではなく「もったいない」

 

フットサル大会「ダイバーシティカップ」参戦報告

皆様こんにちは。
猛暑到来ですねー。
横浜は時折ゲリラ豪雨にも見舞われ、外回りの仕事をされている営業職の方々にとっては特に刺激的な日々ですね。。。笑
皆様、いかがお過ごしでしょうか。

さて、今回は7月30日に参加しましたフットサル大会の報告です。
ホームレスの方々が駅近などで手を挙げて冊子を販売している姿をご覧になったことがある方いらっしゃるかと思います。

冊子の名前は「ビッグイシュー」

僕も創業当初から交流させていただいているビッグイシューさんが、年に1回フットサル大会を開催していて、今年も児童養護施設出身の若者達などの当事者で100%構成したチーム「フェアスタートと愉快な仲間たち」を結成し、2連覇をかけて参戦しました。
※実は昨年度、我々は優勝し、児童養護施設出身者達の凄さをアピールしたのです。笑

大会の名前は「ダイバーシティカップ」
ホームレス状態の人に限らず、不登校やひきこもりの経験者、うつ病や、依存症と当事者など、多様な社会的不利・困難を抱える当事者とその支援者による15チーム200名が参加。多様な背景を持つ参加者がボールを通じ、抱える問題やその領域を超えて交流する場。
※ダイバーシティとは:多様性の意味。性別や年齢、国籍、障害、価値観、文化などあらゆる面に通じる概念

素晴らしい趣旨の大会です。

当日は天候に恵まれ(恵まれすぎ?)、無事に開会となりました。


開会式の様子

昨年優勝をしたチームフェアスタートですが、今年はサッカー経験者の比率を昨年より高め、本気で2連覇を狙いに行きました。
ただ、大会直前で急な仕事の関係などで参加が叶わなくなった若者が数名出て、選手交代の余裕が無い5人での参戦が、少し気になってはいましたが。。。
※ちなみに、永岡は選手で出ると負けるので、監督です。笑

そして結果は。。。


15チーム中4位でした!!

2連覇を狙いに行きましたが、他チームも、昨年が見本にならないハイレベル揃い。
5人で奮闘し善戦しましたが、結果的に4位入賞という結果でした。

優勝できなかったことは悔しく、若者達もものすごく悔しそうでしたが、負けたから得られるものもあります。来年はこれを糧にし、リベンジ優勝を狙いに行きます!

試合後の交流会では、若者達から仕事の様子なども聞けて、皆順調なようで一安心。
就労支援を行い、就職した後は、支援者被支援者の関係ではなく、「仲間」として交流を継続する。これがフェアスタートのスタンスです。

来年のリベンジにご期待ください!

永岡鉄平

永岡鉄平プロフィール

株式会社フェアスタート 代表取締役
NPO法人フェアスタートサポート 代表理事
ホームページ:http://fair-start.co.jp/

経歴

2004年に明治学院大学経済学部を卒業後、リクルートグループに入社し、求人広告の法人営業に2年間従事。その後、当時の顧客に誘いを受け、大学院生の就職問題を解決することを目的とした就職支援会社の設立に参画。幹部として、フリーペーパーの発行や求人ポータルサイトの制作といった新規事業を立ち上げながら、法人営業、登録者へのキャリアカウンセリング、広報、採用担当と幅広い業務を兼任しながら約3年間会社の発展に貢献。
約5年間のサラリーマン生活の中で、働くことから遠ざかろうとする若者の増加、若者が採用できずに苦しむ中小企業の増加を感じ、若者と雇用の世界で根深い社会課題を認識。この課題に起業という形で対峙したいと決意しサラリーマンに終止符を打つ。様々な教育事例、子育て環境、貧困問題などを勉強していくうちに、社会的養護の子ども達・若者達の存在を知る。親からの支援が見込めない中、逆にだからこそ同世代よりは働くことに真剣に向き合い、高校卒業後18歳という若さで社会に挑戦するものの、多くがワーキングプアとなる彼等・彼女等の現実を知り、人材業界で培った経験を活かし、彼等・彼女等の就労支援を決心する。起業準備期間を経て、株式会社フェアスタートを2011年8月に起業。2013年1月には、NPO法人フェアスタートサポートも設立。

受賞歴

  • 2010年9月 第1回社会起業プランコンテスト(内閣府地域社会雇用創造事業)最優秀賞受賞
  • 2014年2月 キララ賞受賞(かながわ若者活き活き大賞)

その他役職員

  • 横浜YMCA常議員
  • 明治学院大学同窓会評議員

 

Share

Comments are closed.

ヨコハマNOW 動画

新横浜公園ランニングパークの紹介動画

 

ランニングが大好きで、月に150kmほど走っているというヨコハマNOW編集長の辰巳隆昭が、お気に入りの新横浜公園のランニングコースを紹介します。
(動画をみる)

横浜中華街 市場通りの夕景

 

横浜中華街は碁盤の目のように大小の路地がある。その中でも代表的な市場通りをビデオスナップ。中華街の雰囲気を味わって下さい。
(動画をみる)

Page Top