Skip to content

夏目かをるの “くもとは”(第1回)
希望のない時代の生きる道 ~ルキーノ・ヴィスコンティ「揺れる大地」復刻版などが12/24からロードショー

by staff on 2016/11/10, 木曜日

希望のない時代の生きる道 ~ルキーノ・ヴィスコンティ「揺れる大地」復刻版などが12/24からロードショー


「揺れる大地」の1シーンより

ルキーノ・ヴィスコンティといえば没後2年後に日本公開された「家族の肖像」を思い浮かべる人が多いだろう。三島由紀夫に絶賛されたという「地獄堕ちた勇者ども」やバート・ランカスター主演の貴族の没落を描いた「山猫」、主演を演じたヘムルート・バーガーの名声を一気に高めた「ルートヴィヒ」など次々と上映された80年代に、映画だけでなく舞台などの芸術方面からもヴィスコンティのブームが起こる。バブル時代の日本にブームを起こした豪華絢爛な映像世界と、さらに世紀末を彷彿させる退廃的な美学が、燦然と輝いた。

イタリアの名門貴族の末裔・ヴィスコンティの細部に渡る本物の“貴族芸術”が彼の真骨頂と思う人もいるかもしれないが、実はヴィスコンティの世界は、もっと奥が深い。初期の映画では、貴族社会と相対する民衆の側に立ち、社会問題を描くネオレアリズモ監督と称される。人間の本質を冷徹と思われるほど、徹底的にリアリズムで描き、生きることの意味を突き付ける。その代表的な3作が、デジタル修復版で復活した。

「太陽がいっぱい」で一世風靡をしたアラン・ドロンの「若者のすべて」、後にジャック・ニコルソンとジェシカ・ラング主演でリメイクされて有名になった「郵便配達人は二度ベルを鳴らす」、そしてオールロケのシチリア島を舞台に、出演者の全員を住民からキャスティングした「揺れる大地」だ。

 


ルキーノ・ヴィスコンティ

3部作のうち「揺れる大地」を観て、私は驚愕した。ネオリアリズモの頂点を極めたと賞賛され、「神話的風格、荘厳さえ漂う叙事詩」と絶賛されたこの作品は70年ほど前に公開された。ところが、この映画と今の日本の若者の現状が、あまりにも似通っている。時間と空間を超えて、ネオリズモ監督・ヴィスコンティが私たちに贈るメッセージとは何だろう。

冒頭シーンに、シチリアのアーチ・トレッツァの漁村風景が映る。そして「漁民たちは、仲買人たちに不当に搾取されている」というヴィスコンティ自身のナレーションが淡々と流れる。

代々漁業を営んできたヴァラストロ一家の長男のウントーニは、漁に出たまま帰らない父に代わって一家を支える。彼は仲買人に搾取される構造に疑問を持っていた。一家は母親や祖父、3人の弟に、2人の妹ほか、10人以上の大家族だ。家族のためにも、少しでも裕福になりたいが、いつも仲買人に搾取されている。そこでウントーニは、自ら競りに出すことを思いつくが、邪魔しようとした仲買人と喧嘩を起こして逮捕されてしまう。

釈放されたあと、家を抵当に入れて借金をしたウントーニは鰯の加工をはじめる。起業するウントーニに、家族の夢と希望が託される。だがウントーニは、嵐の日に漁に出て船と漁具を失ってしまうのだ。

一度の失敗で、ウントーニは島の住人達から、無視され、恋人も去ってしまった。職を探しても、誰も雇ってくれない。母親が服を売り、弟たちが畑仕事で稼いだお金で、何とかしのぐが、さらなる貧困が次第に一家の心も蝕んでいく。

祖父が倒れて入院し、抵当に入れられていた家が銀行に抑えられる。仕方なく鰯を手放すことになるが、仲買人に安値で買い叩かれる。貧困はさらに深まり、とうとう、すぐ下の弟が密輸商人になり、妹のルチアが、町から赴任してきた巡査部長の愛人になる。一家はあばら家に住み、ウントーニは酒に溺れる。

悲惨なシーンを淡々に描いくヴィスコンティ。感情を抑えた演出が、一家の悲惨な姿を浮き彫りにしていった。

私が特に切なくなったのは、中年の巡査部長に誘惑されて、身を持ち崩す次女ルチアと、長女マーラとのやりとりのシーンだ。マーラが「どんなに辛くても、自分を貶めてはいけない」と女性の清らかさの尊厳を訴えるが、一方ルチアは、巡査部長から贈られたきらびやかなジュエリーに目がくらみ、やがて去っていく。人の道から外れてしまった家族を引き戻すよりも、ウントーニは小さな弟と妹たちを食べさせなければならない。マーラも恋人の石工と別れてしまう。二人が黙ってうつむいているシーンに、胸が苦しくなった。

一家に救いはあるのだろうか。やがて仲買人の新しい船の進水式の日に、かつて自分のものだった船を見に行ったウントーニは、そこにやってきた少女ローザに励まされる。屈辱よりも生きることを選んだウントーニは、弟たちとともに船に乗せてもらうため仲買人たちに頭を下げる。

再び二束三文で雇われることになったウントーニ。漁に出て海からの風に吹かれる彼の眼差しは、まるで世界を凌駕するように、生きることだけを見つめていた。

生きることを受け入れる。それは当たり前のようでいて、今の日本で希望を持って生きることが、ますます困難になっている。

希望のない時代―――「揺れる大地」を観ながら、私は今の日本の若者のことを想った。
 「頑張ればきっと報われる」とか「努力すれば夢は叶う」という希望が失せてしまい、貧困に陥っている若者が後を絶たない。今や日本のメディアは、空前の “貧困ブーム” だ。雑誌でもネットでも「貧困」という言葉を見ない日はないのがつらい。日本の若者の現状を、「下流老人」の著者でほっとプラス代表理事の藤田孝典氏が「大人は高度成長期感覚で物を言うな」と指摘する。 (http://toyokeizai.net/articles/-/141339

だが絶望の淵に立たされたウントーニは、ふとしたことから、少女の一言で救われる。破船したかつての自分の船を「過去の失敗だ」と蔑むのではなく、「これを作ったあなたは素晴らしい」という少女の賞賛によって、再び生きる力を取り戻したのだ。

公開から約70年。この映画から、今を生きる私たちへのメッセージを挙げるなら、それは「人が人を救う」ことだろう。

私も07年に、10万人に一人の難病・ギランバレー症候群を後遺症なしに克服してから、さらに様々な辛苦を味わったが、そのたびに、人に救ってもらった。神様が人の体を借りて、救ってくれたのかもしれないーーーそんな感慨に浸ることもある。

人は決して無力ではない。人が人を救うという素晴らしい力を備えている。

「揺れる大地」のラストシーンのウントーニの荘厳な佇まいが、私たちにそれを教えてくれる。

―ルキーノ・ヴィスコンティ 生誕110年 没後40年メモリアル
― イタリア・ネオレアリズモの軌跡 ―

公開表記:12月24日(土)より新宿武蔵野館にて3作品連続ロードショー

  1. 12月24日(土)~『若者のすべて デジタル完全修復版』
    © 1960 TF1 Droits Audiovisuels-Titanus
                
  2. 2017年1月7日(土)~『郵便配達は二度ベルを鳴らす デジタル修復版』
    © 1943 I.C.I. Industrie Cinematografiche Italiane. © 1987 Marzi Vincenzo; © 2004 MARZI Srl. All rights reserved. International Sales VIGGO S.r.l.
                
  3. 2017年1月21日(土)~『揺れる大地 デジタル修復版』
    © 1948 Ar.Te.As. Film, Universalia Produzione. © 1987 Marzi Vincenzo; © 2004 MARZI Srl. All rights reserved. International Sales VIGGO S.r.l.
                

公式サイト: http://www.visconti-neo.com/

筆者紹介

 
氏 名 夏目 かをる (なつめ かをる)
プロフィール

秋田県大館市出身。立教大学文学部日本文学科卒。

横浜との縁は、神戸育ちの母親が「横浜に来ると神戸を思い出す」とひいきにしていたので、横浜が大好きになりました。

2万人以上のワーキングウーマンの取材を元に、恋愛や婚活、結婚をテーマに、新聞や雑誌、Webで活動。恋愛婚活結婚コラム、女子力アップ、コミック原作、小説、絵本コピー、ルポ(「同窓会恋愛」)婦人公論、週刊朝日)、「歌舞伎入門」(世界文化社)、映画コラム(「WOWOW」など)幅広く活動中。

小説「ボディ・クラッシュ」(河出書房新社)、「季節はずれの恋」(講談社ムック「大人の隠れ家」)など飲食雑誌で飲食恋愛小説も執筆。

14人のインタビュー集「英語でリッチ!」(アーク出版・旧・佐々木真理刊行)で第12回ライターズネットワーク大賞受賞 。

10万人に一人の難病を後遺症なしに完治したことなどでテレビ出演、講演(神奈川ロータリークラブ)なども多数。

恋愛や婚活の相談にも応じています。
詳細はこちらをご覧ください。
HP: http://tcw.jp/moon-river/

 

Share

Comments are closed.

ヨコハマNOW オンラインショップ・インフォメーション

歴史ある横浜のベーカリー。バーデン・バーデンのガーリックブレッド 5本セット

 

横浜の創業80年を越える老舗のパン屋さんバーデン・バーデン(ムカヰベーカリー)のガーリックブレッドは、ヨコハマNOWオンラインショップでお買い求めいただけます。
(詳細はこちら)

<送料無料>ドリームファーム窯焼きデザートピザ

 

神奈川県相模原市津久井にあるピザの専門店「ドリームファーム」の冷凍ピザです。「ドリームファーム」は1985年創業で、ピザの巨匠として有名な梅澤オーナーのお店です。 焼き上げたピザを瞬間冷凍しましたのでオンラインショップで注文できるようになりました。 そして、なんとこの度は、ヨコハマNOWオンラインショップだけの送料無料でお届けさせて戴きます!
(詳細はこちら)

<送料無料>アルカリ源泉せっけん 美ジオ

 

アトピーや肌荒れに効果がある秘湯源泉水で作った無添加の手作りせっけん。 きめの細かいホイップのような泡がたっぷり出て、すすぎの時の泡切れがとても良くて、ヌルヌル感がなく、つるんとスッキリ洗いあがります。 原料はすべて天然のオーガニック素材、化学的な添加物は一切使われておりません。
(詳細はこちら)

 

 

ヨコハマNOW 動画

横浜の老舗のパン屋さんバーデン・バーデン(ムカヰベーカリー)のガーリックブレッドの食べ方

 

横浜の創業80年を越える老舗のパン屋さんバーデン・バーデン(ムカヰベーカリー)のガーリックブレッドは、ヨコハマNOWオンラインショップでお買い求めいただけます。
(動画をみる)

新横浜公園ランニングパークの紹介動画

 

ランニングが大好きで、月に150kmほど走っているというヨコハマNOW編集長の辰巳隆昭が、お気に入りの新横浜公園のランニングコースを紹介します。
(動画をみる)

横浜中華街 市場通りの夕景

 

横浜中華街は碁盤の目のように大小の路地がある。その中でも代表的な市場通りをビデオスナップ。中華街の雰囲気を味わって下さい。
(動画をみる)

相模湖・津久井の本格薪窯ピッツェリア | ピザレストラン「童人夢農場 | ドリームファーム」オーナーシェフ 梅澤勉さん

 

相模湖・津久井の本格薪窯ピッツェリア(ピザレストラン)「童人夢農場(ドリームファーム)」オーナーシェフ 梅澤勉さんが、童人夢農場(ドリームファーム)のこだわり、デザートピザへの想い、緑あふれる津久井の魅力を語ります。
(動画をみる)

ブライダルエステのトータルビューティアーティスト大木美恵子さんに「アルカリ源泉手作りせっけん美ジオ」の魅力と開発秘話をお聞きしました

 

「アルカリ源泉手作りせっけん 美ジオ」はブライダルエステのトータルビューティサロン ビーセレブが開発しました。
(動画をみる)

Page Top