Skip to content

【台風19号による被害を受けられた皆様へ】
台風19号による被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
被害に遭われた方々へは、謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

楽しい文字の世界(第4回) 文字は生き物

by staff on 2017/3/10, 金曜日

第4回 文字は生き物

「とめる、はねる」 「つける、あける」などの漢字の細かい差異のために、役所や銀行で書類を書き直した経験がある方も少なくないと思います。そう書く私もかつて銀行員であり恐縮しながら書類の書き直しをお願いしていた立場でした。

文化審議会漢字小委員会は、常用漢字では、様々な字形が認められることを解説しています。いわゆる「許容範囲」というものは何十年前、私の中学の教科書にもこのように掲載されていました。


(昭和24年内閣告示第1号)

また現在、毛筆が始まる小学3年生の書写の教科書でも「書き文字と活字文字のひみつをさがせ」というタイトルで許容範囲について触れています。

ですから今に始まったことではありませんが、伝統的な漢字の文化が理解されにくくなり、手書き文字と印刷文字の字形のどちらか一方が正しいとみなされたり、本来は問題にしなくてよい漢字の形状における細部の差異が正誤の基準にされたりするといった状況が生じている社会状況から、文字の役割を鑑みて、より適切に活用されるために平成28年にも「常用漢字表の字体・字形に関する指針」が出されました。

では、初めから細かいことまで覚えなくて良いのかというとそうではありません。私の見解も入りますが、文字は生き物です。時とともに変化していきます。今この同じ時代に伝達手段として使っている漢字は、やはり一定のきちんとした決まりを覚えて使い、その上で細部に目くじらを立てるのではなく、許容範囲を理解するのがよいのではないかと考えます。

ただ、お名前や住所など固有名詞には皆さんこだわりがありますね。私も卒業証書や結婚式の席札、表札などの揮毫を依頼されることがありますが、これこそ細心の注意が必要です。



筆者紹介

 
書家名 粟津 紅花 KOUKA AWAZU
本 名 粟津 絵里 ERI AWAZU
略 歴 愛知県生まれ。 横浜市在住。
3歳から筆を持ち、書を学ぶ。
銀行勤務を経て紅花書道塾を主宰して24年。
現在8か所の教室で門下生を指導。
また古典書道の作品制作に加え、店舗ロゴ、商品ロゴ、ポスター等のデザイン書道を手掛ける。
書道パフォーマンス、障害をお持ちの方への書のボランティア指導、セミナー講師などにも力を入れるなど、国内外で幅広く活動中。
読売書法会会員。
謙慎書道会会員。
横浜書人会審査員。
日本デザイン書道作家協会正会員。
カルチャーセンター講師。
著 作 法華経書写書き込み練習帳―釈尊の究極の教え
ヨコハマNOW関連記事
変わらない伝統美を基に時代に合わせて変わっていくものの美しさを表現し次世代に繋げて行きたい。 書道家 粟津紅花さん

 

Share

Comments are closed.

ヨコハマNOW 動画

新横浜公園ランニングパークの紹介動画

 

ランニングが大好きで、月に150kmほど走っているというヨコハマNOW編集長の辰巳隆昭が、お気に入りの新横浜公園のランニングコースを紹介します。
(動画をみる)

横浜中華街 市場通りの夕景

 

横浜中華街は碁盤の目のように大小の路地がある。その中でも代表的な市場通りをビデオスナップ。中華街の雰囲気を味わって下さい。
(動画をみる)

Page Top