Skip to content

【新年のご挨拶】
みなさま、新年明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

楽しい文字の世界(第5回) 動きのある行書へ

by staff on 2017/5/10, 水曜日

第5回 動きのある行書へ

先日、全国学力学習状況調査が行われました。
これは全国の小学6年生と中学3年生全員を対象として実施されるテストで、2007年より毎年4月に行われています。

その中で、わたしが毎年注目しているのが中学3年の国語のテストです。
先日行われたばかりの問題の一部がこちらです。
さあ、みなさんもチャレンジしてみてください。

漢字には楷書・行書・草書・隷書・篆書(てんしょ)の5体がありますが、そのうちの楷書と行書の2体を中学までに学びます。一点一画がきちんとしている標準的な書体の楷書に比べ、行書は点画が連続してできた書体で早書きに適している書体です。

宋の時代の蘇東坡が、「真(楷書)は人の立つが如く、行(行書)は人の行くが如く、草(草書)は人の走るが如し。」と言っています。楷書を人が立っている様子に例えるなら、行書は人が歩いている様子に例えられ、少し動きが出てくるということです。

「理想」で楷書と行書を書いてみました。

行書になると、点画が丸みを帯びたり、連続したり、省略されたり、筆順が変化したりします。それら全てが楷書に比べて早く書くための特徴なのです。

さてテストの答えですが、6-1は4、6-2は3になりましたでしょうか。

筆者紹介

 
書家名 粟津 紅花 KOUKA AWAZU
本 名 粟津 絵里 ERI AWAZU
略 歴 愛知県生まれ。 横浜市在住。
3歳から筆を持ち、書を学ぶ。
銀行勤務を経て紅花書道塾を主宰して24年。
現在8か所の教室で門下生を指導。
また古典書道の作品制作に加え、店舗ロゴ、商品ロゴ、ポスター等のデザイン書道を手掛ける。
書道パフォーマンス、障害をお持ちの方への書のボランティア指導、セミナー講師などにも力を入れるなど、国内外で幅広く活動中。
読売書法会会員。
謙慎書道会会員。
横浜書人会審査員。
日本デザイン書道作家協会正会員。
カルチャーセンター講師。
著 作 法華経書写書き込み練習帳―釈尊の究極の教え
ヨコハマNOW関連記事
変わらない伝統美を基に時代に合わせて変わっていくものの美しさを表現し次世代に繋げて行きたい。 書道家 粟津紅花さん

 

Comments are closed.

ヨコハマNOW 動画

新横浜公園ランニングパークの紹介動画

 

ランニングが大好きで、月に150kmほど走っているというヨコハマNOW編集長の辰巳隆昭が、お気に入りの新横浜公園のランニングコースを紹介します。
(動画をみる)

横浜中華街 市場通りの夕景

 

横浜中華街は碁盤の目のように大小の路地がある。その中でも代表的な市場通りをビデオスナップ。中華街の雰囲気を味わって下さい。
(動画をみる)

Page Top