Skip to content

絵本から笑本へ(第19回) 絵本のある場所。~地域施設~

by staff on 2017/11/10, 金曜日

皆さんは「地域施設 」というと、

どんな場所を思い浮かべるでしょうか?

まぁ色々と答えはあるでしょうが。
今回ここで言う地域施設とは…

地区センター
コミュニティハウス
地域ケアプラザ
の事です。

なぜこの3つなのか。それは、
「あんまり違いが解んないから」
です。

ハッキリ言ってしまいました(笑)
だってそうなんだからしょうがない(笑)

きっと皆さんも、この3つの地域施設の違い、
端的に答えられる人はいないと思います。
それこそ、ぼくだってそうでした。

絵本作家として本格的に活動を始めて、

多くのイベントを開催させて頂いている、地域施設。
そして今も、多くのご依頼を頂いております。

そんな中で、地区センター、コミュニティハウス、地域ケアプラザの違いが少しですが解っていきました。

簡単に説明してしまえば…
地区センターは「大きめの町内会館」
コミュニティハウスは「小・中学校に併設された施設」
地域ケアプラザは「福祉や介護の交流拠点」
といった感じ。

まぁ本当にザックリとした表現です。
めちゃめちゃ文句がある人もいるかもしれない。
でも、あくまでぼくのコラムなので好き勝手おしゃべりします。

もっと簡単に表現すると…
地区センターは「自治会」
コミュニティハウスは「子ども」
地域ケアプラザは「高齢者」
といった感じ。

まぁこれもかなり大胆にザックリ言ってます。
めちゃめちゃ、めちゃめちゃ文句のある人もいるかもしれない。
しかし、しつこいようですがぼくのコラムです。

自治会、子ども、高齢者と表現しましたが、

必ずもそれだけを対象にはしていません。

地区センターでも子どもや高齢者も来てほしいし。
コミュニティハウスも自治会や高齢者も使います。
地域ケアプラザでは親子向けのイベントもします。

それが証拠にぼくは全ての施設で、
絵本作家としてイベントを開催した事があります。

それは時に、
地域の方々へだったり。
子ども達や親へだったり。
高齢者の方々へだったり。

要するに、全ての施設が全ての人を対象にしているという事。

「は?どういう事?」
「じぁ別々の施設の意味がないじゃん」
「何で分けてんの?」

そうですね。
まったくその通りです。
今回の言いたい事はまさにそこです。

ぼくが声を大にして言いたいのは
「別々の施設である意味がない!」
という事です。

細かく言えば管轄や運営の面で、
別々である必要があるのでしょう。

しかし、そんなもん
シッタコッチャナイ!
ですね。

日本は縦割り社会。
縦割りが大好き。

現に横浜市には同じ建物の中で、運営の違う
地区センターとケアプラザが入っていたりします。
そこには多少のイザコザがあるなんて話も
めちゃめちゃ聞きます(笑)

でも、もうそういうのやめない?
もっと解りやすくしない?

お陰様で、ぼくは絵本作家として

垣根のまったく無い活動をさせてもらっています。

だから、ぼくみたいな奴が
壁とか垣根のある場所を、
引っ掻き回しちゃおうと思います。
壁も垣根も壊しちゃおうと思います。

そしていつか、
壁がある事がカッコ悪く思える社会に。
垣根をつくる事がダサいと思える社会に。

なったらいいな。

『絵本から笑本へ』
また、次回。

(文・イラスト:保科琢音

イベントスケジュール

最新のイベントスケジュールは こちら をご覧ください

筆者紹介

 

絵本作家 保科琢音
1983年、神奈川県生まれ。
横浜市の小・中・高を卒業。
公立図書館に10年間勤める。
2013年、絵本「あっかんべー」出版。
絵本作家の活動として、絵本や紙芝居の製作だけでなく、「読絵ん会」という名の「読み笑わせ」口演を行っている。
神奈川区三ツ沢下町にある「笑がおが 集まる みんなの広場 おかげさま亭」プロデューサー。
 
また、落語家「絵書家 筆之輔」としても活動。
2013年、横浜市職員落語愛好会会長に就任。
漫才コンビ「ワンダフルワンダ」としても所属。
 
目のおおきな妻とほっぺのやわらかい娘と、おもしろおかしな三人暮らし。

ヨコハマNOW取材記事
「僕にとっての横浜は「未来へ笑がおをつなぐ街」。絵本作家の保科琢音さん」
http://yokohama-now.jp/home/?p=13904

『読絵ん会(どくえんかい)』の様子を動画でご覧下さい。

 

Share

Comments are closed.

ヨコハマNOW オンラインショップ・インフォメーション

歴史ある横浜のベーカリー。バーデン・バーデンのガーリックブレッド 5本セット

 

横浜の創業80年を越える老舗のパン屋さんバーデン・バーデン(ムカヰベーカリー)のガーリックブレッドは、ヨコハマNOWオンラインショップでお買い求めいただけます。
(詳細はこちら)

<送料無料>ドリームファーム窯焼きデザートピザ

 

神奈川県相模原市津久井にあるピザの専門店「ドリームファーム」の冷凍ピザです。「ドリームファーム」は1985年創業で、ピザの巨匠として有名な梅澤オーナーのお店です。 焼き上げたピザを瞬間冷凍しましたのでオンラインショップで注文できるようになりました。 そして、なんとこの度は、ヨコハマNOWオンラインショップだけの送料無料でお届けさせて戴きます!
(詳細はこちら)

<送料無料>アルカリ源泉せっけん 美ジオ

 

アトピーや肌荒れに効果がある秘湯源泉水で作った無添加の手作りせっけん。 きめの細かいホイップのような泡がたっぷり出て、すすぎの時の泡切れがとても良くて、ヌルヌル感がなく、つるんとスッキリ洗いあがります。 原料はすべて天然のオーガニック素材、化学的な添加物は一切使われておりません。
(詳細はこちら)

<送料無料>腰痛の予防と改善ができる「ゆらぎラ・クッション」

 

『ゆらぎラ・クッション』は、脊椎のS字カーブを自然に支持する正しい姿勢を保持し、長時間椅子に座り続けるデスクワークや運転などからくる腰の痛みを予防・改善するものです。 いつでもどこでも使える腰痛予防クッション『ゆらぎラ・クッション』、本体価格(税別・送料別)8,300円のところ、このたび株式会社オクト代表取締役池田彰社長のご厚意で、ヨコハマNOWオンラインショップ限定価格でお届けさせていただきます。
(詳細はこちら)

 

 

ヨコハマNOW 動画

横浜の老舗のパン屋さんバーデン・バーデン(ムカヰベーカリー)のガーリックブレッドの食べ方

 

横浜の創業80年を越える老舗のパン屋さんバーデン・バーデン(ムカヰベーカリー)のガーリックブレッドは、ヨコハマNOWオンラインショップでお買い求めいただけます。
(動画をみる)

新横浜公園ランニングパークの紹介動画

 

ランニングが大好きで、月に150kmほど走っているというヨコハマNOW編集長の辰巳隆昭が、お気に入りの新横浜公園のランニングコースを紹介します。
(動画をみる)

横浜中華街 市場通りの夕景

 

横浜中華街は碁盤の目のように大小の路地がある。その中でも代表的な市場通りをビデオスナップ。中華街の雰囲気を味わって下さい。
(動画をみる)

相模湖・津久井の本格薪窯ピッツェリア | ピザレストラン「童人夢農場 | ドリームファーム」オーナーシェフ 梅澤勉さん

 

相模湖・津久井の本格薪窯ピッツェリア(ピザレストラン)「童人夢農場(ドリームファーム)」オーナーシェフ 梅澤勉さんが、童人夢農場(ドリームファーム)のこだわり、デザートピザへの想い、緑あふれる津久井の魅力を語ります。
(動画をみる)

ブライダルエステのトータルビューティアーティスト大木美恵子さんに「アルカリ源泉手作りせっけん美ジオ」の魅力と開発秘話をお聞きしました

 

「アルカリ源泉手作りせっけん 美ジオ」はブライダルエステのトータルビューティサロン ビーセレブが開発しました。
(動画をみる)

Page Top