Skip to content

【台風19号による被害を受けられた皆様へ】
台風19号による被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
被害に遭われた方々へは、謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

チャレンジ(第7回) 商品開発!

by staff on 2019/3/10, 日曜日

第7回 商品開発!

こんにちは。C.P.FACTORYディレクターの平安山美春です。春が近づいてきましたね。明日は娘の中学校の卒業式です。徒歩5分の地元の公立中学校に通っているのですが、中高一貫校とは違い、テストや修学旅行、部活動、そして受験と、とても忙しくあっという間の3年間でした。小さく生まれて保育器に入っていた子も私より背が高くなり、4月からは高校になると思うととても感慨深いですね。

PTA活動なども積極的に参加している私ですが、仕事ももちろん全力でこなし、同時進行でC.P.FACTORYの商品開発も進めています。

私が進めている商品開発とは、作りたい商品を考えて → 資材を購入して → 制作・・ではなくて、地域活動支援センターに寄付されてくる資材を無駄なく活用し、また、障害者施設で制作されてもなかなか製品化することの出来ない裂き織生地などを、どのような商品にすれば売れる商品になるか? を試行錯誤して開発しています。

サンプルは健常者に作ってもらっていますが、どの工程が作業所へ発注できるか、どのあたり難しいか? などを相談しながら細分化していきます。健常者一人で制作できる商品も、作業を細分化することで作業所の仕事を増やすことができるのです。ここで一番大変なのは、1つの商品に関わる人が多いために伝言ゲームのようなやり取りが発生してしまうこと。1人の人が1つのことを遂行するのは意外と簡単なのか・・・と感じました。

C.P.FACTORYは「一人一人ができるとことは小さいかもしれないけれど、それを集めた大きなブランド」と考えています。関わる人が多ければ多いほど、大変な作業ですが、それをまとめ上げることがディレクターの私の仕事であり、関わってくれる人たちと楽しくコミュニケーションを取りながら進めていきたいと思っています。

私はいつも自分が「やりたい!」と思うコトをやっていますが、その中でも「楽しい!」と思わないと続かないと思っています。近々、C.P.FACTORYの商品をお披露目する予定ですが、たくさんの資材を前にみんなで奮闘する商品開発の楽しいこと、楽しいこと(笑) いまの流行をチェックしたり、デザインや使い勝手を考えたり、やる事はいくらでもありますが、大勢の方の協力でとても素敵な作品が出来てきているので、お披露目するまでもう少しお待ちください!

次の第8回は、、、「イベントに出展します!」です 

(第7回了)

筆者紹介

 
本 名 平安山 美春(へんざん みはる)
略 歴 1973年横浜生まれ。
高校時代に米国イリノイ州立ネーパービルノース高等学校に留学し、本場のアートと最先端のコンピューター技術を学ぶ。
 
帰国後、東京工芸大学 画像工学科(現メディア画像工学科)にて色彩画像工学を学び、卒業後、画像加工技術を活かしたグラフィックデザイナー兼DTPディレクターとして制作会社に勤務。
 
2003年長女出産を機に退職、フリーで活動を始める。
Photoshop歴25年。2児の母。
 
現在は、DTPやWEB関係の制作や解析業務、ワークショップ形式を用いた様々な講座やイベントを主催する傍ら、自分の技術を福祉の役に立てたいと考え、精神障がい者が作る自主製品のアートディレクションなども手掛けている。

 

Share

Comments are closed.

ヨコハマNOW 動画

新横浜公園ランニングパークの紹介動画

 

ランニングが大好きで、月に150kmほど走っているというヨコハマNOW編集長の辰巳隆昭が、お気に入りの新横浜公園のランニングコースを紹介します。
(動画をみる)

横浜中華街 市場通りの夕景

 

横浜中華街は碁盤の目のように大小の路地がある。その中でも代表的な市場通りをビデオスナップ。中華街の雰囲気を味わって下さい。
(動画をみる)

Page Top