Skip to content

【台風19号による被害を受けられた皆様へ】
台風19号による被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
被害に遭われた方々へは、謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

ネネロック<69> 和歌うた BIRTHDAY LIVEのご案内

by staff on 2019/5/10, 金曜日

令和元年がスタートしました。
批判精神のある方にはこの令和の令が 号令や命令の令だという事で権力者たちがその意図をもってつけた。というご意見もあるようです。
私には言葉の響きから、体の細胞がシャキッと爽快に目覚めるような感覚がありますが、これからは一人一人がどんな立ち位置で物事を解釈してゆくのかがその後の人生に大きく反映されてゆく様な気がします。そこには自分とは異なる意見も沢山あるけれど、いつかそれら全てがパズルのワンピースとなりオーケストラの大ハーモニーが生まれていく。そんな予感が感じられる新時代に入って、皆さんの抱負や心境はいかがでしょう。

私は、今年はロック(69歳)エイジ、来年からはコッキー(古希)ポップで生きてゆきます。
前月のご案内でもお知らせさせて頂きましたが、今月と来月は 和歌の歌人の紹介はちょっとお休みして、ネネロック和歌うたの事をもう少し深くシェアさせてください。

21歳の時にアイドルユニットJ&Nを解散して英国のLONDONに渡り、本場ロックの洗礼を受けた私はそのままロックボーカリストに。帰国して歌い始めた当時は非常に突っ張っていたので、名前も “ネネ” と言う名前は一切使わずに 周りを呆れさせていました。

無名のロックボーカリストは歌唱力だけが頼りです。ちょうど日本のディズニーランドがオープンするときで、バンドを組んでオーディションを受けて合格。一年間の契約を結んでTOMORROW LANDのステージで歌い、また英国のハードロックバンド “リッチーブラックモア&レインボウズ” の日本公演ではJABBと言うバンドでオープニングアクトを務めました。そんなロック時代の10年間に培ったロックスピリッツは独断と偏見に満ちていて「体制には組み込まれないわ」 「権力には迎合しません」 「お金じゃ買えない物があるの!」 など若さゆえのナイーブで偏った正義感に囚われていたっけ。突っ張っていたおかげで回り道はしたけれどやっと最近バランスが取れて来たかしら。そんな自分の歩いてきた軌跡をもう一度再確認して今後の人生も明るく気概を持って生きてゆこうと思います。

 

さて、来月の6月15日 原宿のクロコダイルでの演奏は本物のロックサウンドです。
出演者は早苗ネネのほかに、、、、

元ジョー山中とフラワートラべリンバンドでギターを、現在はそのギターとインドの楽器シタールを合体させて新たにシターラと言う楽器を作り出して独自の境地を表現している、シターラ奏者の石間秀機さん。

元ツイストのベーシストの鮫島秀樹さん。彼はツイスト解散後ハウンドドックに移籍しましたが、ちょうどその間に私たちのバンドに入って一緒にディズニーランドでプレイをしていた仲間です。実力も雰囲気も一流のカリスマベーシストです。

元ヒカシューのドラマー 佐藤正治さん。彼は石間秀機さんがこのライブで、是非一緒にプレイしたいと指名が来て 参加をお願いいたしました。

キーボードはヨコハマっ子、竹腰かずゆきさん。現在ミッキー吉野氏とユニットを組んで活躍中の若手。

今回の会場となる 原宿クロコダイルのオーナー 西さんの一押し推薦です。

原宿クロコダイルのオーナー 西さんとツーショット

LIVE HOUSE 原宿クロコダイル

オープニングアクトとして
ROCK-OVEN(ロックオーブン) エレクトーン人見恵子とボーカル早苗ネネのユニットで、小倉百人一首から 2~3曲(20首)歌います。このユニットは軽くてとっても楽しいのでお楽しみに。

ネネロック<69> 和歌うた BIRTHDAY LIVEのご案内

今年は人生で最後のロックエイジ(69歳)。
今年は私自身のロックスピリッツを生きてみようと思います。
翌年はコッキ―(古希)ポップになってしまうので 今年だけですが。
昔まだ和歌に出会ってなかった20代後半から35歳までの約10年間 私はロックボーカリストとしてディズニーランドや、リッチーブラックモア公演のオープニングアクト等の舞台で歌っていました。音圧の高いロック音楽はもう卒業いたしましたが、私自身の生き方の中にロックスピリッツのエッセンスは今でも脈々と流れています。
“和歌うた” と出会えたのも、そんな私の中にある普通の道とは少しずれた生き方の中での導きだったと思います。
今年は 自分自身の気概をロックと呼んでみたいと思います。
69歳の誕生日 6月15日には(まだ半年もありますが)40年前にロックバンドでよくライブをさせて頂いた原宿クロコダイルにて、和歌うたをロックで歌おうと思っています。
静かなるロック魂をお持ちの方は是非! 見に来てください。
 
<Day>
2019年6月15日
<Live House>
原宿クロコダイル(http://www.crocodile-live.jp/
<Title>
ネネロック<69> 和歌うた BIRTHDAY LIVE ~人生最初で最後のロックエイジだわ!~
<Fee>
前売り(要予約):¥6,900 / 当日:¥9,600
<Performer>
早苗ネネ(和歌うたシンガー)
石間秀機(シターラ)
鮫島秀樹(ベース)
佐藤正治(ドラム)
竹越かずゆき(キーボード&ボーカル)
<問い合わせ>
和歌うた実行委員会(担当:人見)080-6345-4157
<チラシをダウンロード>
NENE ROCKのチラシをダウンロード

(早苗ネネ♪)

 

迎春

 

ネネグースプロジェクト(Nene Goose Project)を立ち上げました

日本古来の大和ことばで綴られた和歌を現代の調べにのせて歌う「和歌うた」。私 早苗ネネはもう20年近くこの「和歌うた」を歌い続けています。お蔭様で、じゅん&ネネと共に「和歌うた」は私のアーティスト活動の中心軸となり、多くの方々からご支援を賜り各地で和歌うたライブを開かせて頂いております。

この度立ち上げたネネグースプロジェクト(Nene Goose Project)は、「和歌うた」とHULAや太極拳などの異文化や全国に受け継がれている伝統文化とのコラボレーションをはかります。世界の民族が持つ固有の文化とその文化の根底にある言霊が「和歌うた」と融合することで生まれる新しい表現をみんなで共有する取り組みです。

「和歌うた」のライブは歌い手と聴き手という構図です。ライブ会場はみんなで一体になって盛り上がりますが、歌い手と聴き手という構図は否めないものがありました。ネネグースプロジェクト(Nene Goose Project)ではワークショップ形式で参加して下さったみなさんと一緒に作品を作り上げていきたいと考えております。みんなで作った作品にはみんなの愛情が込められています。出来上がった作品はみなさんの元気の源の一助になることでしょう。

ネネグースプロジェクト(Nene Goose Project)Official Website:
nenegoose.love

 

三十六歌仙CDアルバムによせて

 

10代の頃、じゅん&ネネのネネとして歌っていた時、多くの方から「北の政所のねね様と同じ名前ですね」と言われ、歴史上に残る方と同じ名前を頂いた事で直ぐに覚えて頂き、良い事が沢山ありました。時が経ち、50歳を過ぎた頃にやっと自分のライフワークを見つけ、「和歌うた」を歌い続けて13年程に成りますが2014年の京都高台寺音楽祭に出演させて頂いた折に、三十六歌仙が高台寺様に遺されているのを知りました。その時にぜひ三十六歌仙にメロディーを付けて同じ名前のねね様に奉納したいとの思いを抱き、2015年9月6日、ねね様のご命日に発表させて頂く事に成りました。

和歌のアルバムとしては10年ぶりでやっと二枚目アルバムです。一枚目のアルバム「花のいろは」は蟠龍寺スタジオの仲間に助けられて生まれました。そして今回のアルバムも製作費は今まで私の和歌うたを聞いて応援して下さった方々のご支援で賄われています。暗中模索と無我夢中で今までよろよろと歩いてきましたが、そんな私を支えてくれる大きな愛情に気が付いて、なんて幸せ者なのかしらと思います。有難うございます。これからも自分の道を信じて歩いてゆきます。

早苗ネネ/京都・高台寺 北の政所・ねねさまに捧げる三十六歌仙 『和歌うた』CDアルバムは、 ヨコハマNOWオンラインショップ で販売しております。

 

早苗ネネさん 和歌うたLIVE

 

早苗ネネさん プロフィール

木々や鳥や魚や精霊…人間以外の存在達との交流が当り前に語れるくらい、いのちのひろがりに気づくと、共に生きている喜びや、苦しみや悲しみにもナイーブになる。

心と野生がひとつながりになると……こんな風に人は年を重ねられる。ひとりひとり、ユニークにもっと自分になれる。

早苗 Nene さんは、そういう人生の先駆者です。 感性を解放しながら、40代で高校生に仲間入り卒業後、マウイのカレッジに留学中、突然半生記が受賞しました。

そんな新たなシーズンを迎えて、今エッセンスを分かち合いたい。

<天性の歌い手>というだけでなく、その存在感、溢れる活性のバイブレーションは、光のシャワーのよう。彼女と語り歌い、魂の成長を旅している現在の、自分の位置を確かめてみませんか?

早苗ネネさんHP

 

Share

Comments are closed.

ヨコハマNOW 動画

新横浜公園ランニングパークの紹介動画

 

ランニングが大好きで、月に150kmほど走っているというヨコハマNOW編集長の辰巳隆昭が、お気に入りの新横浜公園のランニングコースを紹介します。
(動画をみる)

横浜中華街 市場通りの夕景

 

横浜中華街は碁盤の目のように大小の路地がある。その中でも代表的な市場通りをビデオスナップ。中華街の雰囲気を味わって下さい。
(動画をみる)

Page Top