Skip to content

【台風19号による被害を受けられた皆様へ】
台風19号による被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
被害に遭われた方々へは、謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

田中健介の麺食力-それから- 第11回 「閉店したお店③ ~町中華編②~」

by staff on 2019/8/10, 土曜日

第11回 閉店したお店③ ~町中華編②~

2010年に出版した自著「麺食力-めんくいりょく-」。横浜の麺料理とその周辺の情景を描きながらほとんど売れなかった可哀想な本。著者自身も出来上がった本に向き合うことなく、ついに来年に出版10周年となるのを機に、改めて当時の内容を振り返り、現在の移り変わりを綴っていく、ついでに啜っていく企画の今回が第十一回目でございます。

今回も前回に続き閉店してしまった店舗の町中華編の二回目。
なくなってしまったお店の今をレポートするのはあまり意味がないのかもしれませんが、出版から約10年の横浜の街並みの変化をお伝えするのはわずかながらでも意味があるのかとも思っています。

中区尾上町にあった「峯鶴楼」の天津麺。
エビ玉でスープも餡に負けないしっかりした味が良かった。

「峯鶴楼」内観。本物の中華料理店だったことを証明できる貴重な画像。

まずは関内方面から。馬車道通りの脇にあった「峯鶴楼」(P.195に掲載)。私は天津麺が好きなお子様なのです。甘酢あんが好みの味で揚げワンタンも頼んだのでした。

「峯鶴楼」なき後。某大手宅配会社のサービスセンターに。

「峯鶴楼」は2010年春に閉店とのこと。こちらも拙著刊行とほぼ同時期に閉店してしまいました。残念。某大手宅配会社のサービスセンターになり、すっかり面影はなくなってしまいましたが、この「馬車道ビル」という建物のデザインは個人的に好きです。

「峯鶴楼」が入居していた「馬車道ビル」は健在。

お次は本牧通り。中区本牧町は「アソカ幼稚園」向かいにあった「中華料理 鴻翔」(P.184に掲載)。「鴻翔」と書いて「ホンシャン」と読みます。

中区本牧町にあった「中華料理 鴻翔」のサンマーメン。

ここではサンマーメンを食しました。奇をてらわない正統派のサンマーメン。他のメニューも普通に旨かった記憶があります。

「中華料理 鴻翔」なき後。
「本牧OZ」という、基地の街だった名残の洋品店の並びにあったが、
とんかつ屋だったか、反対隣りだったのか、もはや記憶が曖昧。

「中華料理 鴻翔」も2010年代に入って閉店(詳細不明)。「本牧OZ」という、基地の街だった名残の洋品店の写真から右隣りだったか左隣りだったかという記憶が曖昧になってしまい。。。拙著本文185ページの「このお店の周りだけ木々に囲まれて」とあるので恐らくとんかつ屋になっているあたりかと思っていたら、そのとんかつ屋の隣の空き店舗!思い出しました。ここです。

「中華料理 鴻翔」閉店後はこの赤茶けたシャッターの空き店舗でした。

ちょっと横浜中心部を出て港北区太尾町へ。東急東横線大倉山駅周辺を。ここでは駅から徒歩2、3分ほどの「中国料理 中国飯店」(P.197に掲載)へ行きました。

港北区太尾町にあった「中国料理 中国飯店」の「冷やし天津面」。

ここでは珍しい「冷やし天津面」を食しました。スープと麺が冷たく、蟹玉とあんかけは熱々という面白い体験。ガラスの器が清涼感を醸し出していました。

煉瓦仕様のビルの2Fにあった「中国料理 中国飯店」なき後は
居抜きでそのまま別の中華料理店に。

2012年に突如閉店してしまい、その直後に別の中華料理店が入居して現在まで続いているようです。

港南区港南台にあった「中華こうなん」の「こうなんそば」。
「こうなん丼」を同時に頼んで全く同じ具のあんかけだったことにひとり笑ってしまった思い出が。

港北区から港南区に移ります。JR根岸線港南台駅近くの「福島ショッピングセンター」というテナントビルに入居していた「中華こうなん」。ひらがなで「こうなん」とか表現されると何かくすぐられる感じというか、ほんわかしたそういうのに弱いですねぇ。

「中華こうなん」なき後は、やはりこちらも別の中華料理店が居抜きで入居。

その店名と店舗の雰囲気から地元民には長年愛されたお店でしたが、2011年11月で惜しまれつつ閉店。こちらも中国飯店同様に別の中華料理店が入居しています。新華僑というか、中国人経営の中華料理店が近年かなり増えました。ただのシャッター通りになるよりは何かお店があった方が良いとは思いますけどね。

ここ数回、閉店店舗のレポートをしていたらなんとなく気分がドンヨリしてしまいました。次回は今も元気なお店のレポートを再開しようかな。。。

筆者紹介

 
本 名 田中 健介(たなか けんすけ)
略 歴 1976年9月生まれ。横浜市出身。横浜市在住。
武相高校、神奈川大学卒業。
自称エッセイスト、本業は福祉関係。
ベイスターズファン歴35年、CKBファン歴17年。
 
2009年9月、日本ナポリタン学会設立、会長となる。
http://naporitan.org
 
2010年3月、著書「麺食力-めんくいりょく-」(アップロード)刊行
https://amzn.to/2DGVqiU(Amazonへ短縮リンク)
 
2017年5月~ 連載「はま太郎」(星羊社)「田中健介のナポリタンボウ」
https://www.seiyosha.net/
 
連絡先:hamanomenkui@gmail.com

 

Share

Comments are closed.

ヨコハマNOW 動画

新横浜公園ランニングパークの紹介動画

 

ランニングが大好きで、月に150kmほど走っているというヨコハマNOW編集長の辰巳隆昭が、お気に入りの新横浜公園のランニングコースを紹介します。
(動画をみる)

横浜中華街 市場通りの夕景

 

横浜中華街は碁盤の目のように大小の路地がある。その中でも代表的な市場通りをビデオスナップ。中華街の雰囲気を味わって下さい。
(動画をみる)

Page Top