Skip to content

【新年のご挨拶】
みなさま、新年明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

横浜ゾリステン~指揮者のいないオーケストラ~5月公演(Carmen × Aconcagua)のご案内

by staff on 2012/3/23, 金曜日

指揮者のいないオーケストラ~「横浜ゾリステン」

昨年11月のドヴォルザークに引き続き、今年で結成三年目を迎える「横浜ゾリステン」のみなとみらい公演です。
 
結成当初より指揮者のいない演奏スタイルで演奏者ひとり一人の自主性や独創性に音楽の創造を委ねているオーケストラ。
何といっても音が生まれる瞬間の緊張感は筆舌し難い。指揮棒から発せられるのでなく、呼吸、息、気、といった目に見えない何かによって生み出される音の説得力には何故かやはり引き込まれてしまう。
 
今回の中南米音楽との繋がりを持ったプログラムはなかなか興味深い。
まず南米出身の作曲家ヴィラ=ロボスの「ブラジル風バッハ第6番」
これはオーケストラ作品ではなくフルートとファゴットによる二重奏の作品だが極めて高度な技術を要する。横浜ゾリステンの両奏者がどのような対話を聴かせるのか非常に楽しみな作品。
またリベルタンゴなどの作曲で有名なバンドネオン奏者ピアソラ作曲のバンドネオン協奏曲もなかなか聴く機会の少ない名曲のひとつ。ソリストであるバンドネオン奏者の仁詩氏の本場仕込みのバンドネオンの音色にも注目したい。
 
メイン曲のビゼー作曲「カルメン」。こちらも実は中南米音楽と関わりの深い作品。あの有名な「ハバネラ」は実はキューバは発祥と言われている。
 
昨年11月のドヴォルザーク「新世界より」の新大陸アメリカを南下していくと、そこには心揺さぶる、情熱的な音楽が。。
 
5月1日のカルメン&アコンカグア公演へ是非お越しください。

 

横浜ゾリステン5月公演 (Carmen × Aconcagua) のご案内

    プログラム
♪ヴィラ・ロボス ブラジル風バッハ第6番
♪アストル・ピアソラ バンドネオン協奏曲(Aconcagua)
♪ビゼー カルメン組曲
 
2012年5月1日(火)開場18:30、開演19:00
みなとみらい小ホール(みなとみらい線 みなとみらい駅)
全席自由(前売):2500円〈当日券:3000円/高校生以下:1500円〉
チケット申し込み:横浜みなとみらいホールチケットセンター
横浜ゾリステンHP:http://www.yokozori.jp/(HPからもチケット申込可能)
お問い合わせ:横浜ゾリステン事務局(住田 045-541-6763)平日15:00~20:00

 

Comments are closed.

ヨコハマNOW 動画

新横浜公園ランニングパークの紹介動画

 

ランニングが大好きで、月に150kmほど走っているというヨコハマNOW編集長の辰巳隆昭が、お気に入りの新横浜公園のランニングコースを紹介します。
(動画をみる)

横浜中華街 市場通りの夕景

 

横浜中華街は碁盤の目のように大小の路地がある。その中でも代表的な市場通りをビデオスナップ。中華街の雰囲気を味わって下さい。
(動画をみる)

Page Top