Skip to content

【台風19号による被害を受けられた皆様へ】
台風19号による被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
被害に遭われた方々へは、謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

横浜再発見ものがたり

by staff on 2012/7/10, 火曜日

みなとみらいの夜景

 横浜は開港して今年で153年。日本の歴史がある街としては比較的新しい街です。しかし、日本で初めておおやけに開かれた都市として、急激に、大きく変化していった街もそう多くは無いでしょう。そこが横浜の大きな魅力でもあります。日本初めての「写真」、「ガス灯」、「電気」、「電話」、「水道」、「鉄道」などなど、数をあげれば枚挙に暇がございません。レンガ作りの建物なども一際目を引きますよね。それらが育まれた「ヨコハマ」、を夜に探索する企画を行いました。山下公園、赤レンガ、大さん橋といった、横浜では観光地としても有名な場所をナヴィゲートしました。

 少しだけ歴史について触れてみましょう。

 まず、「山下公園」。
 明治の初期から「フランス波止場」として利用されてきたのですが、対象12年の関東大震災にて、周辺にできた瓦礫の山を使って埋め立てられ、昭和5年に完成。当時は軍事用の施設として利用するという案もあったのですが、スペンサーという外国人将校の提案によって市民公園となったのです。昭和10年には復興記念横浜大博覧会が開催されました。山下公園に係留されている「氷川丸」も昭和5年に誕生 しております。太平洋戦争の戦火をくぐり抜けた、日本で数少ない船です。この「山下公園」内には、幾つかの記念碑がございます。「赤い靴をはいていた女の子」、「かもめの水兵さん歌碑」「ザンギリ」「インド水塔」など。。。これらの説明はまた後日にしたいと思います。

 次に、「赤レンガ倉庫」。
 正式名称は、新港埠頭保税倉庫。2号館は明治44年、1号館は大正2年に出来ています。何故古い方が2号館?それは、海の掟で、右が優先という事があるため、海に向かって右側が1号館、左が2号館となっています。昔は大さん橋に入ってきたたくさんの荷物を保管する場所として使われ、そこから物資輸送のための鉄道の駅も作られ、(現在も赤レンガ倉庫の裏にある)桜木町駅(昔の横浜駅)を通じて、東京に運ばれた。同時にさん橋も作られ、大型の客船なども停泊できるようになったようです。かの「氷川丸」などもここからアメリカに向けて出発していました。みなとみらいのまちづくりの一環で現在はショッピングモールとなっています。

 そして、「大さん橋」。
 開港当初は象の鼻地区が横浜の港で、沖合いに大型の船を泊まらせて「艀」と呼ばれる小型の船で荷物の降ろしなどを行っていました。しかし、これにも限界があり、大型のコンテナによる輸送が望まれ、1894年に「鉄桟橋」と呼ばれる、陸橋式の桟橋が誕生しました。物流の量が増える一方で、新しい埠頭の建設がされました。それが「新港埠頭」です。当時は日本からの輸出項目として、生糸やお茶などが挙げられ、輸入品としては、大豆、小麦、綿花、石炭等 でした。そういった物流が飛行機などに変わっていく中、旅客船のターミナルとして、2002年に現在のターミナルが完成しました。

 これが今回のウォークのメインの場所でもありました。この他にもガス灯の案内や、開港広場、横浜三塔、牛鍋の「荒井屋」などの紹介も入り混ぜて行いました。

 今回のコースは、山下公園中央噴水広場からスタートして、赤い靴をはいていた女の子銅像前でガイド。実在の人物がいて、実際には外国には行っていないという経緯を知らない方も多く、驚かれた様子。山下公園前を通り、ガス灯の説明。このガス灯も横浜発祥で、現在もガス灯として使われています。開港広場、日本大通り。ここは開港当初、調印式をやった場所でです。日本大通りは、日本人居留区と外国人居留区とを分けた通りでもありました。

 この後、海岸通を黙々と歩き、荒井屋、万国橋、赤レンガ倉庫を巡りました。
 荒井屋は、日本でも3大牛鍋と呼ばれる老舗です。万国橋からのみなとみらいの夜景は絶景で、みなさん暫し写真などを撮っていたりして、足が止まっておりました。赤レンガ倉庫では、昔使用していた「横浜みなと駅」講舎を目の前にみなさん大興奮。「こんなのがあったんだー」との声。

 旧税関跡などご案内し、赤レンガの海へりを歩き、横浜三塔が見える場所へ。象の鼻パークでは、昔上屋倉庫があった話や、鉄道の転車台などを紹介すると、「これは、残っていて良かったし、これからも残して欲しい」との声も。その後、大さん橋の上に行き、夜景を堪能してもらうこと暫し。

 最後に山下公園のインド水塔に着いて解散。この水塔にもみなさん興味深々のようで、いろいろな角度から覗き込んでいました。

 みなさん知らないところが多く、「こんな事があったんだ」とか、「こんなものがあったのか」という声が多く、昼間見る横浜の風景とは違った模様をお伝えする事が出来たかなと思っております。

横浜再発見の会・ハートフィールド http://ysaihakken.blog90.fc2.com/
横浜の魅力再発見!歴史、ヒト、街並み、社会、いろいろなモノを再発見します!!

 

Share

Comments are closed.

ヨコハマNOW 動画

新横浜公園ランニングパークの紹介動画

 

ランニングが大好きで、月に150kmほど走っているというヨコハマNOW編集長の辰巳隆昭が、お気に入りの新横浜公園のランニングコースを紹介します。
(動画をみる)

横浜中華街 市場通りの夕景

 

横浜中華街は碁盤の目のように大小の路地がある。その中でも代表的な市場通りをビデオスナップ。中華街の雰囲気を味わって下さい。
(動画をみる)

Page Top