Skip to content

【台風19号による被害を受けられた皆様へ】
台風19号による被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
被害に遭われた方々へは、謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

書評 「魂のミッション―あなたが生まれてきた意味」 こう出版 諸富祥彦 著

by staff on 2016/8/10, 水曜日
 
タイトル 魂のミッション―あなたが生まれてきた意味
単行本 280ページ
出版社 こう書房 (2013/12/3)
ISBN-10 4769611137
ISBN-13 978-4769611134
発売日 2013/12/3
購入 Amazonで購入

今こそ何をするべきか?今だからどういきていくのか?
ワークシートがついていて、そのシートがとても書きやすくおもえた。書き出す前には導入があって、記入したあとには次の言葉がつづくのであった。
  教えてくれるためです
  得ることができました
  気づかされたのです
  という意味がありました

「魂のミッションへの目覚め」で、「ただ苦しみが続くだけのこんな時間、耐え忍ぶだけの毎日に意味などあるはずがない、という思いにとらわれる方も少なくありません。しかし、そんな人もあとから考えると、あの時の私のあの悩みには意味があったのだ、と気づくに至ることがしばしばあります。」
 苦しむために何かをする人はいない。なにかを成し遂げたい時にその過程で苦しみを予測していくことはある。実際は苦しみに突然遭遇している。その苦しみがあとになって理解できることがあるというわけだ。

実は諸富さんは「お悩みカウンセリング」を会報「倫風」などでされている。雑用ばかりやらされてスキルアップできない、という相談につぎのように返答されている。「あなたは努力家で、頭もよく、仕事に対する意欲の高い人ではないでしょうか? 現状に満足せず、より高みを目指す姿勢は周りから評価されているはずです。(中途省略)あなたの会社人生は始まったばかりです。待っていれば、いつかきっとチャンスが巡ってくる、くさらずにそう信じましょう。」気づきであり、理解することを丁寧に進められています。

「この人生に起きるすべてのできごとは、私たちに対する “呼びかけの声” である、ということです。この人生のすべての出来事は、私たちに、気づくべきことに気づき、学ぶべきことに学ぶようにと促してきている “呼びかけの声” なのです。」 「人は、人生のさまざまな紆余曲折を経験し、大きな悩み苦しみに直面することを通して、また、その悩み苦しみとしてしっかり受け止め、それをみつめることを通して、みずからの運命の道へと目覚めていきます。そして、悩んで悩んで悩みぬいたその末に “私は、この人生を生きることになっていたのだ!” と思える本来の人生の道へと導かれていくのです。」

ここで運命の道が魂のミッションであることがわかります。
仕事の悩み、病気の悩みなど12のことから、人がどのようにして、みずからの人生に目覚めていくのか、運命の道へと誘われていくのかを示されます。そして具体的なワークを行い、自分を深く見つめていきます。
「仕事の悩みから魂のミッションを考える」という処があります。

「成功した人は “たまたまあの時、こういうことがあって・・・” と語る人がすくなくありません。しかしこれは見方を変えると、たまたま偶然の出会いに開かれた生き方をしている、ということでもあります。例えばあなたが、たまたま偶然の出会いの積み重ねに導かれて、 “自分はこの仕事をやることになっていたのだ” と心から思える仕事に出会えたとします。それは単なるラッキーではありません。そうではなく、自分を幸運に導いてくれるさまざまな出会いや出来事をたいせつにし、それに敬意を抱いて、開かれた心の姿勢を保つことによって、偶然の出会いや出来事に誘われ導かれてきたのだと考えるのです。」

こうした生き方を身につけるには、
① 好奇心 ② 粘り強さ ③ 柔軟性 ④ 楽観性 ⑤ リスクテイク(リスクを取ることを恐れない)
これらが必要だと言われます。

著者は「 “生きるものさし” を180度転換していきてみてはどうか」と提案しています。「 “欲望のレベル” の自己実現の生き方から、より深い “魂の次元における自己実現” を目指す生き方への転換です。」どんな生き方なのでしょう。「一つの方法は、自分のスピードをスローダウンさせることです。一日に5分でも10分でもいいから、気ぜわしく流れている時間の流れをいったん止めることです。他者や社会との交流が断たれ、時間の流れが止まったその場所で、自分自身の心の深いところの動きをていねいに感じてみるーそうした “自分を見つめる瞑想” の時間を1日に5分でもいいし、10分でもいいから持ってほしいのです。」 「ふみとどまって自分の感じをていねいに味わってほしいのです。ふみとどまり、自分の内側の感じをていねいに感じることで、人生を飛躍的に変えるためのてがかりを得ることができるからです。」

最後に述べています。「この本は、あなたが真実の人生という道を歩んでいくためのガイドブックです。あなたがあなたの人生の使命が何であり、何のためにこの世にうまれてきたのかを自分自身で見つけていくための道具とその使い方が示されています。是非読みながらワークをしてみましょう。自分の生きてきた道筋が肯定されてきている実感が味わえます。

(文:横須賀 健治)

 

 

Share

Comments are closed.

ヨコハマNOW 動画

新横浜公園ランニングパークの紹介動画

 

ランニングが大好きで、月に150kmほど走っているというヨコハマNOW編集長の辰巳隆昭が、お気に入りの新横浜公園のランニングコースを紹介します。
(動画をみる)

横浜中華街 市場通りの夕景

 

横浜中華街は碁盤の目のように大小の路地がある。その中でも代表的な市場通りをビデオスナップ。中華街の雰囲気を味わって下さい。
(動画をみる)

Page Top