Skip to content

【台風19号による被害を受けられた皆様へ】
台風19号による被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
被害に遭われた方々へは、謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

永岡鉄平の「若者にフェアなスタートを」(第17回) フェアスタート情報誌エール6号完成!

by staff on 2017/6/10, 土曜日

ハマっ子社会起業家「永岡鉄平」の『若者にフェアなスタートを』


 
 

 

株式会社フェアスタート、NPO法人フェアスタートサポート
代表 永岡 鉄平

横浜生まれ、横浜育ち。株式会社フェアスタート、NPO法人フェアスタートサポートの2法人の代表を務め、日々、児童養護施設の若者達を中心に18歳で親を頼れずに自立する若者達への就労支援活動に取り組む永岡鉄平が、日々の活動で感じたことを話します。
想いは「かわいそう」ではなく「もったいない」

 

フェアスタート情報誌エール6号完成!

皆様、こんにちは。
6月に入り、気温が30度近くなる日も増えてまいりました。
僕のように、外出が多い人間には、良いシェイプアップの時期到来?笑
と、前向きに考えねば辛い時期がやってまいりました。皆様いかがおすごしでしょうか。

さて、本日は、フェアスタートが1年に2度ほど発行している情報誌「エール」の最新号が完成したことのご報告です。

エール6号

今回の主役は、現在神奈川で大工の見習いとして頼もしく成長中の平野君。

また、贅沢にも、児童養護施設ご出身で、誰もが知っているカレーのココイチ創業者である宗次氏が、インタビューにこたえてくださいました。

さらには、里親会では、レジェンドと噂される、ホームばあばぱぱの山本さんにも子ども達への養育への想いなどを語っていただきました。

中高時代、サッカーに打ち込んだ平野君。
今の仕事は、肉体的、精神的にキツイ時もあるようですが、サッカーで鍛えられたメンタルが武器なので、乗り越えています! 好きな仕事なら、多少きつくても頑張れる!
と、力強いメッセージをくれました。

また、宗次氏からは「夢ではなく、目標をもとう」と深い名言をいただきました。
社会的養護の子ども達は、夢を持ちにくいといわれています。
しかし、その子達に「無理して夢を持ちなさい」というわけではなく「夢を無理して持たなくてよいから、目標を持とう」というメッセージを届けることで、救われる子もいるのではないかと思いました。

こんな素敵すぎる内容の詰まった冊子エールがこうして完成したのも、編集に多大なるご協力をいただいたライターさん、デザインと編集長を担った当社の舘林くんのおかげです。

冊子エールは、これから日本全国の児童養護施設等へ送られますが、個人の方の購読も可能です。

NPO法人フェアスタートサポートの賛助会員さんには、特別に1冊贈呈しております。
これを機に、賛助会員のご入会も心よりお待ち申し上げております。
※賛助会員のご入会方法につきましては、こちらをご参照ください。 http://fair-start.co.jp/sanjo/

また、5月末には、今年4月から新社会人になった若者達の初任給祝いも実施しました。

初任給祝い

職場の方々がみんな良い人で。

聞いてください!初給料が40万円でした!
※住宅支援をして下さっている会社で、初期費用分を上乗せしてくださったようです。

ミスして始末書早速書きましたけど、社長が優しく励ましてくれました!

仕事が楽しいっす!

早速職場の先輩が辞めてましたけど、僕は大丈夫です!

などなど、約二ヶ月間の間に色々なドラマがあった模様(笑)

初めての1人暮らし、新しい職場環境、による独特な辛さもあると思いますが、笑顔で喋りながらもりもり食べていた姿に力強さを感じました。

どうぞ、彼・彼女達の今後のさらなる成長にご期待ください。

永岡鉄平

永岡鉄平プロフィール

株式会社フェアスタート 代表取締役
NPO法人フェアスタートサポート 代表理事
ホームページ:http://fair-start.co.jp/

経歴

2004年に明治学院大学経済学部を卒業後、リクルートグループに入社し、求人広告の法人営業に2年間従事。その後、当時の顧客に誘いを受け、大学院生の就職問題を解決することを目的とした就職支援会社の設立に参画。幹部として、フリーペーパーの発行や求人ポータルサイトの制作といった新規事業を立ち上げながら、法人営業、登録者へのキャリアカウンセリング、広報、採用担当と幅広い業務を兼任しながら約3年間会社の発展に貢献。
約5年間のサラリーマン生活の中で、働くことから遠ざかろうとする若者の増加、若者が採用できずに苦しむ中小企業の増加を感じ、若者と雇用の世界で根深い社会課題を認識。この課題に起業という形で対峙したいと決意しサラリーマンに終止符を打つ。様々な教育事例、子育て環境、貧困問題などを勉強していくうちに、社会的養護の子ども達・若者達の存在を知る。親からの支援が見込めない中、逆にだからこそ同世代よりは働くことに真剣に向き合い、高校卒業後18歳という若さで社会に挑戦するものの、多くがワーキングプアとなる彼等・彼女等の現実を知り、人材業界で培った経験を活かし、彼等・彼女等の就労支援を決心する。起業準備期間を経て、株式会社フェアスタートを2011年8月に起業。2013年1月には、NPO法人フェアスタートサポートも設立。

受賞歴

  • 2010年9月 第1回社会起業プランコンテスト(内閣府地域社会雇用創造事業)最優秀賞受賞
  • 2014年2月 キララ賞受賞(かながわ若者活き活き大賞)

その他役職員

  • 横浜YMCA常議員
  • 明治学院大学同窓会評議員

 

Share

Comments are closed.

ヨコハマNOW 動画

新横浜公園ランニングパークの紹介動画

 

ランニングが大好きで、月に150kmほど走っているというヨコハマNOW編集長の辰巳隆昭が、お気に入りの新横浜公園のランニングコースを紹介します。
(動画をみる)

横浜中華街 市場通りの夕景

 

横浜中華街は碁盤の目のように大小の路地がある。その中でも代表的な市場通りをビデオスナップ。中華街の雰囲気を味わって下さい。
(動画をみる)

Page Top