Skip to content

【台風19号による被害を受けられた皆様へ】
台風19号による被害を受けられた皆様に心よりお見舞い申し上げます。
被害に遭われた方々へは、謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

「ベビーしいたけ」商品化へ

by staff on 2017/7/10, 月曜日

 

東日本大震災復興支援活動の仲間(石川史朗氏)が岩手県岩泉町の株式会社岩泉きのこ産業で生産している「ベビーしいたけ」の商品化に取り組んでいます。

株式会社岩泉きのこ産業
http://www.iwaizumikinoko.co.jp/

岩手県大槌町の復興支援を一緒にやってきた経緯もあり、夫も私もマルシエでの販売や、商品化のためのレシピつくりを手伝っています。

「ベビーしいたけ」とは、菌床栽培の椎茸つくりの過程で、大きな椎茸を作るために間引きされる小さなしいたけのことです。これまでは、一日に何トンも捨てられていた存在です。

栄養価は椎茸と全く同じで、小さいので、通常は捨てている茎の部分(いしづき)も食べられます。そして何よりも安いのです。椎茸には、免疫力を高める「βーグルカン」が含まれていて、がん予防になる食品と言われています。

「ベビーしいたけ」を商品化すれば、環境保全にもつながるし、健康のためにもいいのではないかと私たちは考えています。

マルシエではカップ一杯100円で販売しています。ニューファミリーの方々に好評で、パパさんたちが一生懸命カップに「ベビーしいたけ」を入れています。

「ベビーしいたけ」は和洋中・・・どんな味付けでもOKなのですが、問題は、茎の部分についている「おがくず」をとらないといけないことです。一個ずつとるのは手間なので、水洗いをして落すことを勧めています。

現在、レシピを大募集中で、Facebookの「ひょうたん島プロジェクト」には、様々な料理が掲載されています。
https://www.facebook.com/groups…

我が家でも色々と試していますが、私のお勧めは「ベビーしいたけ」を甘辛く煮ること大量に作っておいて、ご飯に入れたり、野菜をあえたりして食べています。

最近は、天日に干したものを煎じて飲んでいます。免疫力を高めて活性酸素を減らす効果があり、廉価な「がん予防飲料」だと勝手に自負しています。
ご希望の方はご連絡ください。東京・横浜での販売日をご連絡いたしますね。

 

(クリックで拡大画像)

ベビーしいたけ

ベビーしいたけ

ベビーしいたけ

ベビーしいたけ

ベビーしいたけ

 

Share

Comments are closed.

ヨコハマNOW 動画

新横浜公園ランニングパークの紹介動画

 

ランニングが大好きで、月に150kmほど走っているというヨコハマNOW編集長の辰巳隆昭が、お気に入りの新横浜公園のランニングコースを紹介します。
(動画をみる)

横浜中華街 市場通りの夕景

 

横浜中華街は碁盤の目のように大小の路地がある。その中でも代表的な市場通りをビデオスナップ。中華街の雰囲気を味わって下さい。
(動画をみる)

Page Top