Skip to content

2019年4月 三ツ池だより 「はかりをもとう」

by staff on 2019/4/10, 水曜日
Navigation: HOME»コラム»横須賀詢

 

17年前の今日3月24日の日記に次の詩が書かれている。

山は山であって欲しい
海は海であって欲しい
  己は己であって欲しい
  おぬしはおぬしであって欲しい
無理をせず
我慢せず
  あるがままに
  ゆったりとしておれる
山は山、海は海
山も海もひとつになる
  あるがままの姿という
  強い己でありたい

この年、40年前の中耳炎が再発していて、左の耳に耳垂れがあり、1月30日に入院し手術をしたのであった。入院がながくなるので毎週7冊づつ自宅の本棚か本の持ち込みをお願いした。入院中本を読み詩を書いたのだった。入院一ヶ月后に書いた詩はつぎのものだ。

今日という日が
明日もくるという
  今日という日が
  今日一日であるように
明日という日も
今日一日であろうか
  日に照らされて
  雲は動き知らぬ間に形を変える
日にてらされて
雲は動き知らぬ間に形を変える
  日にてらされて
  吾は生きてる
我も又
知らぬ間に動き形をかえるのか

「はかりをもとう」という記事が突然入ってきた。イチローが引退するにあたり会見したのだった。そのことが3月23日の新聞のコラムにのった。「春秋」で「日本では7年連続の首位打者。米国に渡って10年連続200安打を達成した。足の速さや身の軽やかさも光り、走攻守が揃ったプレーヤーとして、本場のスタンドをわかせた。外野から内野への矢のごとき返球はレーザービームと呼ばれ鮮やかに記憶に残る。打席に入ると、片手で持ったバットを経て投手に向けるのがルーティーン。一瞬、剣術の達人のごとき雰囲気がだされた。」「編集手帳」から。「野球を楽しんだのは1994年、日本発のプロ野球初の200安打を達成したころまでだったという。評価されるのは苦しい。はかりはあくまでも自分の中にある。はかりを使って自分の限界をちょっと越えていく。その積み重ねでしか自分を超えていけない。数々の偉業を達成しながら何もほこらしげに口にしないイチロー節に鼓舞された方は多いかもしれない。

よく日の3月24日の「照明灯」では「日本球界での出だしがドラフト4位だったと知れば、意外さとないまぜになった親しみを覚えてしまうお方もおいでだろう。いまや米国野球殿堂入りが確実視される立場でもあれば、目標を見据えて倦まず努める大切さを身を持って教えてきたような気がする。」産経抄では「打撃の名手は、人の胸を打つ名手でもあった。日米通算4000安打を放った6年前の言葉が印象に深い、“4000のヒットを打つには、8000回以上悔しい想いをしている”3割の正鵠でなく、7割近い凡退。積み重ねた失敗の山にこそ誇りがある、と。」

「はかりを使って自分の限界をちょっと超えていく」という言葉に嬉しくなってしまった。はかりという言葉をつかっている例をほとんど見なくなっている。それだけ、基本で当たり前に正しく使われているという現象はいいことなのだ。それを維持していく努力がたえずされている。その仕事をしていることに誇りにおもっている。

さて、もう6年前になってしまうがつぎのような詩を私は書いている。

雪の白さの向こうに
日の出が見える
橙色に地平をして
明るくなってくる
  今日に感謝
  あなたに
  家族に
  日本中に
しずかな朝に
湧きあがるのは
今何をしようとしているのか
課題をおいかけるだけでいいのか
  大地を白くそめてくれた
  大自然に感謝し
  鳥の囀りのなかに
  やすらかな朝をめでる
詩が欲しい
詩が私の頭のなかにある
おりてきてほしい
大丈夫と言ってほしい
  経済の中に生きていて
  明日を見とおせない時
  だから詩に頼るのではなく
  詩と共に生み出すのだ
炎のようでなくていい
おだやかな魂のほとばり
詩から発せられるものを
安らかに受け止めて生きていく

入院してノートをつけ始めて11年経ってからの詩だ。人はさまざまな人生を過ごしていく。「はかり」の仕事をして50数年になるわけだが、大事なのは仕事を通じて世の中に役立っているという感覚だ。イチロー選手のような派手さはないが、これも人生だ。一生の仕事を持っていることに感謝だ。ありがとう。

 

Photos

(画像をクリックすると拡大写真が表示されます)

     
     

(文・写真:横須賀 健治)

 

Share

Comments are closed.

ヨコハマNOW オンラインショップ・インフォメーション

歴史ある横浜のベーカリー。バーデン・バーデンのガーリックブレッド 5本セット

 

横浜の創業80年を越える老舗のパン屋さんバーデン・バーデン(ムカヰベーカリー)のガーリックブレッドは、ヨコハマNOWオンラインショップでお買い求めいただけます。
(詳細はこちら)

<送料無料>ドリームファーム窯焼きデザートピザ

 

神奈川県相模原市津久井にあるピザの専門店「ドリームファーム」の冷凍ピザです。「ドリームファーム」は1985年創業で、ピザの巨匠として有名な梅澤オーナーのお店です。 焼き上げたピザを瞬間冷凍しましたのでオンラインショップで注文できるようになりました。 そして、なんとこの度は、ヨコハマNOWオンラインショップだけの送料無料でお届けさせて戴きます!
(詳細はこちら)

<送料無料>アルカリ源泉せっけん 美ジオ

 

アトピーや肌荒れに効果がある秘湯源泉水で作った無添加の手作りせっけん。 きめの細かいホイップのような泡がたっぷり出て、すすぎの時の泡切れがとても良くて、ヌルヌル感がなく、つるんとスッキリ洗いあがります。 原料はすべて天然のオーガニック素材、化学的な添加物は一切使われておりません。
(詳細はこちら)

 

 

ヨコハマNOW 動画

横浜の老舗のパン屋さんバーデン・バーデン(ムカヰベーカリー)のガーリックブレッドの食べ方

 

横浜の創業80年を越える老舗のパン屋さんバーデン・バーデン(ムカヰベーカリー)のガーリックブレッドは、ヨコハマNOWオンラインショップでお買い求めいただけます。
(動画をみる)

新横浜公園ランニングパークの紹介動画

 

ランニングが大好きで、月に150kmほど走っているというヨコハマNOW編集長の辰巳隆昭が、お気に入りの新横浜公園のランニングコースを紹介します。
(動画をみる)

横浜中華街 市場通りの夕景

 

横浜中華街は碁盤の目のように大小の路地がある。その中でも代表的な市場通りをビデオスナップ。中華街の雰囲気を味わって下さい。
(動画をみる)

相模湖・津久井の本格薪窯ピッツェリア | ピザレストラン「童人夢農場 | ドリームファーム」オーナーシェフ 梅澤勉さん

 

相模湖・津久井の本格薪窯ピッツェリア(ピザレストラン)「童人夢農場(ドリームファーム)」オーナーシェフ 梅澤勉さんが、童人夢農場(ドリームファーム)のこだわり、デザートピザへの想い、緑あふれる津久井の魅力を語ります。
(動画をみる)

ブライダルエステのトータルビューティアーティスト大木美恵子さんに「アルカリ源泉手作りせっけん美ジオ」の魅力と開発秘話をお聞きしました

 

「アルカリ源泉手作りせっけん 美ジオ」はブライダルエステのトータルビューティサロン ビーセレブが開発しました。
(動画をみる)

Page Top