Skip to content

【新年のご挨拶】
みなさま、新年明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

もっと旅がしたい!(その4)

by staff on 2012/6/13, 水曜日

 豪華客船で優雅に旅行…、ステキですよね。憧れます。

 朝はゆっくり起きてカフェに。海を眺めながら好きなメニューを選ぶ。昼間はフィットネスで汗を流し、プールやジャグジーでリラックス。デッキをぐるりと周るジョギングコースも利用したい。そして海に向かって並ぶチェアーに腰掛けて心地よい海風を感じる。午後はのんびり映画を観たりショッピングをしたり。図書室によって本を読むのもいい。夜はちょっとおしゃれしてミュージカルでも観に行く。マジックショーも面白そう。カジノものぞいてみる。そしてディナー、好きなメニューを選び味わう。部屋に戻る前にバーでピアノの生演奏を聴きながら少しカクテルを…。

 あぁ、こんな船旅!してみたい!

 というわけで、取材してきました。

 今回取材させていただいたのは1969年就航、ロイヤル・カリビアン・インターナショナル保有の「レジェンド・オブ・シーズ」。日本発着3年目の客船です。全長264m、高さ50m、幅32m、乗客定員1,804人、乗組員数723人、総トン数は7万トン!

 世界最大規模の客船会社ロイヤル・カリビアン社は2010年、外国客船として初めて横浜発着クルーズを運行しました。そう、大桟橋からの出発です。こんなに身近なところから出発できるだけでも魅力的なのに、そのカジュアル船クルーズは船内のお食事やイベント、施設利用料も代金に含まれていて価格もお手頃。1泊約10,000円から。秋のベストシーズンでも横浜→釜山→ウラジオストク→室蘭→釧路→横浜、の10日間のクルーズが10万円をきった99,800円~なんてびっくりです。

 日本人コーディネーターも乗船しているので初めての人にも心強い。24時間体制の船内総合案内所も設置されていて、多くのクルーズファンの支持を得ているのも納得。楽しいだけじゃなく安心できるというのは、旅行における重要なポイントです。

 カジュアル船と言っても日本発着のクルーズ船としては最大級の7万トン!!船酔いもめったにならないそうですよ。揺れは免震高層マンションに似ているとか。大きな建物ごと揺れるので、釣り船のような揺れとは全く違うのですね。

 プールやジャグジーはもちろん、スパやミニゴルフ、フィットネスセンターなども収容。カジノ、シアター、図書室、各種お土産や免税店の並ぶショッピング街も。船旅って、日本人には退屈で向かないかも…、なんて心配も吹っ飛ぶ充実ぶり。
 船の中というより、ひとつの「街」が移動している感覚です。

 もちろんお食事はクルーズプラン内食べ放題。毎日変わるイベントやショー、映画。10日間なんてあっという間かもしれませんね。

 

(クリックで拡大写真)









( 文・イラスト・写真:(株)とらべるわん いいづかあや )

いいづかあや(飯塚 文) プロフィール

いいづかあや 飯塚文  

1974年、横浜生まれ横浜育ち。
私立山手学院高等学校卒業後、文教大学短期大学部文芸科卒業。
父親の経営する(株)とらべるわんで幼いころから「旅」「食」に携わる。
学生時代より同社のチラシ・DM・ホームページ等の制作をする。デザイン事務所・建設会社などの職業を経て現在は(株)とらべるわんのWEB・DTP制作責任者を務める。また、「ボディアートGlitta」「ネイルサロンMINORITY」ではデザイナーとしても活動中。

(株)とらべるわん http://www.travel1.co.jp
ネイルサロンMINORITY http://www.minority-minority.com/
ボディアートGlitta http://www.minority-minority.com/glitta/index.html
   
いいづかあやTwitter http://twitter.com/zuka_aya
いいづかあやFacebook http://www.facebook.com/iizukaaya

 

Comments are closed.

ヨコハマNOW 動画

新横浜公園ランニングパークの紹介動画

 

ランニングが大好きで、月に150kmほど走っているというヨコハマNOW編集長の辰巳隆昭が、お気に入りの新横浜公園のランニングコースを紹介します。
(動画をみる)

横浜中華街 市場通りの夕景

 

横浜中華街は碁盤の目のように大小の路地がある。その中でも代表的な市場通りをビデオスナップ。中華街の雰囲気を味わって下さい。
(動画をみる)

Page Top